スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルキナファソのこども

服の仕立て屋さんを探して、キョロキョロ道を歩いていたある日のこと。
ボンジュール。ブラン!
  (こんにちは。白人!*こっちでは欧米人も黄色人種も白人と言われます)」

後ろを振り返ると。

握手を求める手が。

「ボンジュール」
挨拶をし、握手をした。

しばらく歩くと、さっきの子が追いかけてきた。
ふと、一方の握りしめていた手を広げて、私に差し出した。

???

何?

その少年の手の平を見てみると、紙に包まれたキャラメルが一粒

「え?私に?」

正直、最初何が起こったのかわからなかった。



今まで、東南アジアやインドを訪れた際、子どもたちが私を取り囲み、
「マネ~」
 「お腹すいたよ~」
というような、経験は何度となくあったが、逆に何かを貰う経験はなかった。

その少年は、決して裕福な家庭な子ではなく、ごく普通の家庭で育てられている子であり、
きっと大事にとっていたおやつを、わざわざ持ってきてくれたのであろう。

そう考えると。
一瞬、手を差し出された時に、
「あ~、またお金をねだられるのかな。飴玉でも、持ってきとけばよかった。。。」と思った自分が、恥ずかしく思った。

「ありがとう。気持ちだけで、うれしい。今お腹いっぱいだから、僕が食べて!」
と私がいうと、彼は友達のもとに走ってもどって行った。


思い返せば、ここで物乞いをする子どもに出会ったことは首都の街中で1回しかない。
ここの子どもたちは、少々恥ずかしがり屋ではあるが、こちらから挨拶をすると、
丁寧に挨拶を返してくれる。
学校に行っている子、行っていない子、それぞれあるのだろうが、
礼儀正しい。

ときどき思う。
援助がもっと入り、国自体が発展してくると、きっと貧富の差は広がるだろう。
援助の恩恵を受けられる人。
受けられない人。
そして、“自分は貧しい”という認識を、今以上に感じる場面が多くなるだろう。

すると、私が訪れたアジアの国々で出会った、物乞いをする子どもたちの様に、
外国人観光客に対して、「ボンジュール!」という前に、「お金ちょうだい」という風になるのだろうか。

外国人の私がこう思うのは、凄く勝手なことだと思うけど。
“発展する”って本当に、良いことなのだろうか?
やっぱり、「ボンジュール」と屈託のない笑顔で声をかけてくれる子ども達のままでいて欲しいな。。。
CIMG4987_convert_20100806074747.jpg
スポンサーサイト

非効率?

非効率じゃない?って思うことがたたある。

ペンションでは、サービスでトイレットペーパーをもらえる。
でも。よく
「今ちょうど切れたこと、今買いに行ってるからちょっとまって」
このちょっとが、1日かかることもしばしば。。。

なぜ、多めに買ってきて補充しておかないのだろうか?

しかも、ペンションが買ってきているトイレットペーパーは2個入りのロール。
2個入りロールは5個複数回に分けて買ってくるより、10個入りロールを買ったほうが、安いのに。
時間も節約できるのに。
なぜ?高いほうを選ぶのか。

一度にまとまったお金がないのか?
謎。。。

待つのは嫌い?

話には聞いていたが、やっぱり時間にルーズな人もいる。


すべての人がそうなわけではない。

たとえば、ペンションの食事の時間がじょじょに、
お願いしていた時間から遅れてきた為、
オーナーに改善を求めた。
その後、オーナーより忠告を受けたシェフは、
1分も遅れずに、食事を提供するようになった。

(その証拠に、食事の出てきた時間を毎時間、私たちが記録し、サインして、シェフに渡すということを始めた。
これは、シェフの提案である。シェフはこの記録で、オーナーに、自分がきちんとやっていることを、
証明できるのだ。良い仕組みだと思った。)



ただ、フランス語の授業も時間通りに始まらない事が多いかも。。。。
待ち合わせして、だいたい30分後くらいにくる。

でも、人を待つのは嫌い!?
エクスカーションで、どこかに出かけたときは、いつも「急いで!時間通りにすすまない!」と急かされる。。。
ゆっくりみたいのに、もっと。。。


働き者

ブルキナファソ人をBurkinabéと呼ぶ。

ブルキナベを観察し、感じたことを書いてみようと思う。

まず働き者が多い。
昼のシエスタ(お昼の数時間の休み)を除いて、語学研修でお世話になっている
ペンションのスタッフ、市場で働いているおばちゃんたち、おっちゃんたち。
朝の6時過ぎ~夜遅くまで働いている。

銀行などは、昼のシエスタの時間もなく、開いており、
土曜日も午前中は、開いている。

こんなに働き者がいるのに、なぜ国益に直結していないのか?今の疑問である。



夜遅くまで働いていたペンションで掃除係として働いている男性2人に、聞いてみた。
私「結婚はしてないの?」
男「結婚は25歳くらいにできればいいかな。。。でも、彼女を作るにも、結婚をするにも、お金がかかる」
私「でも、こんなに働いているのに、足りないの?」
男「もっとお金が必要なんだ・・・」


きっと、物価に対して、賃金は低いのであろうということが想像できた。


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。