スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モシ族の文化

2010年7月14日

今日、フランス語の授業で「民族」ついて、勉強した。
ブルキナには、63の民族があるが、争いもなく、みな尊敬し合って暮らしている。
すごく素敵だと思う。

その中で、一番数の多いモシ族は、昔赤ちゃんが産まれたら、モシ族であるしるしとして、
顔に傷をつけ(目の横に、左右3本ずつ)ていたそうである。
今は、ほとんどその習わしはなくなっているらしいが、続いている村もあるらしい。

痛みを負ってまでも、自分のIdenntityを示す事が優先される文化。

今は、みな仲好く暮らしているが、きっとここまで来るのに、民族同士の衝突が色々あったのかもしれない。。。と考えると、早く任地にいって、いろいろ歴史を知り、もっとブルキナのことを知りたい。


そして、他人を尊敬し合っているこの国の美しい部分を多くの人に伝えたいな。。。と思った。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://2010burkina.blog119.fc2.com/tb.php/10-5a82e627

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。