スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任地訪問(感じたこと)

ブルキナファソの田舎に行けば、行くほど。
挨拶を大切にする習慣を感じる。

マルシェに、野菜を買いに行くだけでも。
普通に歩いて帰ってくれば、20分もかからない距離なのに、
道ですれ違う人のほとんどの人に
「お元気ですか?」
握手。
「奥さんは?」
「お仕事は?」
しばらくおしゃべり。
「では、また」
握手。


この儀式(?)を10分くらいかける。

なので、なにか買い物しに行くだけで。1時間くらいは要する。

ときには、
「挨拶をしに行こう!」と言って、知り合いのうちにわざわざ遠回りをして、
 お邪魔する。
 夕食の準備中であろうが、食事中であろうが、こころよく迎えてくれ、
 挨拶に来てくれたことを感謝してくれる。
 

同世代の人事の彼は、色々な人のところに、挨拶をしに、連れて行ってくれる。
けど、ポロっと。挨拶は長すぎるのは、時間の無駄だよ。。。こぼした。
きっと彼は、忙しく働くより、挨拶や人とのコミュニケーションを大事にするブルキナファソの昔からの文化と
効率的に働くべきだという知識との狭間に立っているのかな。

「でも、そういうブルキナファソの文化、私は好きだけどな」と外国人の私が言うと。
嬉しそうだった。

私自信、企業で働いていた経験から、やはり経済や産業も、人と人とのかかわりの中で産まれてものだし。
コミュニケーションってすごく重要なスキルだと思う。
その能力を持っている人たちがこの国には、いっぱいいるのに。。。うまく活かせないかな。。。
スポンサーサイト

コメント

よっち~

無事に着いたみたいで嬉しいです♪
なんだか良い人についてもらえてよかったね。

どんなところか想像ができないような土地で、これからいろいろやっていくんだろうなと無責任に想像し、わくわくしています。

よっちの率直な意見を見れたらまた興味深いなと思っています!


ブルキナファソ日記楽しみにしているよ☆
2010-07-20 22:46 naiji #0yS3TI2g URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://2010burkina.blog119.fc2.com/tb.php/16-022264a4

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。