スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任地での活動開始????

任地赴任後、ひさびさの報告になります!

今、携帯電話会社が販売しているUSB型の通信機(昔のエッジみたいなもので)で、
ネットをなんとかしているのですが。
遅い!

しかも、つながる時はつながるのですが、つながらない時は全く・・・・
イライラの元ですわ。
もっと外に出たいのに。
でも、家族や友達に安否は知らせるのも大切な仕事。。。


さて、今行っている活動。
任地グルシの人に、私のことを知ってもらうこと。
家から配属先の配属先の教育省県局までの道のり。
会う人、会う人に
「ボンジュール!」
現地語でも
「ネイベオゴ~、ラフィ~?(おはようございます。お元気ですか?)」
特に、現地語(モレ語)での挨拶のウケがよく
「あ!ナッサーラ(白人)が、モレ語話してる~!!!」と大変喜んでくれます。
テンションあがり、そのままモレ語チェックテストの開始。
昨日会って話したおじさんに、昨日教えてもらった言葉を理解しないと、
「なんで、覚えてこないんだ!」らしき事を言われる。

でも、サバアレ。(きっと大丈夫!)

そんなことをしながら歩いていると、徒歩15分の配属先まで1時間以上かけて出勤。
当然、出勤時間の7時に間に合うはずもなく。。。
配属先の人に、「今何時?」と、嫌味を言われる始末。
でも、遅れた理由を説明し、道行く人に教えてもらったモレ語を綴ったノートを見せると。
納得するどころか、かなり喜んでくれる。
「市長選にでれば?きっとみんな投票するよ!」と。

お昼休みの2時間半。
ご飯を食べに、家に帰る途中。

勤務後。家に帰る途中。
いろいろな所に立ち寄っては、お喋り。

お茶を呼ばれたり。この前は、昼ごはんご馳走(ご飯と羊肉の肝臓グリルしたもの。おいしかった~><)になったり。

昼休みは十分休む時間がなく。
夜も遅くなる。

しかも。相手は私の名前を覚えてくれているのに、私は。。。。思い出せない。
どこで、会った人だ?だれだったっけ?
「ウエドラゴさんだっけ?」というと5分の1くらいの確率でその場をしのげる。
日本でいうところの“鈴木さん”

職場では。
統計課の人に、学校に入学した子がどれだけ卒業できたかなど、教育省に提出するためのデータを「何これ~」といって、説明してもらって。
*地域によって、卒業できる子どもの割合が大きく違い、やはり女子生徒は男子生徒に比べ、学校を継続していけることが、難しいことが分かった。地域差については、今後、巡回し、何が原因か、この目で確かめたいと考え中。

人事課の人に。
職員の給料体系や昇進の仕組みなどを説明してもらって。
数年前から、年功序列の給料体系から、勤務態度を評価する仕組みになったらしい。
なので、凄くお喋りしているようで、ちゃんと局長には、みんな“ごますり”をしている。
たとえば、局長が出張から帰ってくる時には、ちゃんと家から職場に戻ってきて、働いているところをアピールしたり。
観察していると、面白い。
形だけでも、勤務態度を評価する仕組みは、やる気を促進させるには良い方法だと思う。
その仕組みは、明確に決められており、非常に体系立っていると思った。フランスの影響もあるのだろうか。。。

カウンターパートになる生徒の生活環境改善課の人には。
彼の去年の活動内容を説明してもらった。
凄く有意義だった。
私が配属されたこの課は、生徒のための活動を企画、運営を学校の先生組織と一緒に行っていく。
衛生啓蒙活動、スポーツ大会、ダンス大会、環境問題啓蒙活動、コンポスト作製、植林、劇。。。。本当に多岐にわたる活動を企画している。
それを彼一人で取りまとめている。凄い。。。

「今年の活動を今練っている段階だけど。君は何がしたい?」と聞いてくれたので。
「私は、子どもが安全な水にアクセスできる様、病気にかかって学校に行けなくなる状況を少しでも無くしたいと思って、ここに来たけど。それだけでなく、ブルキナファソに生まれたことを子どもたちに誇りに思ってもらう活動を一緒に企画したい。」
と答えた。

なぜ、そう答えたか。
この国の人は、よくいう。「日本は豊かな国だ。ブルキナファソには何もない。貧しい国。」
でも、いつも考えていた。
ほんとに何もないの?
ここには、争いごとを嫌い、異文化を認め合い、助け合ってきた人たちがいる。
朝から晩まで、腰を丸め、働きものの人たちがいる。
挨拶を大切にし、家族や友達と過ごす時間を大切にする人達がいる。それは、財産ではないか。。。


そんなとき、私のカウンターパートはこんなことを言ってくれた。
「ブルキナファソの人は、ヨーロッパやアメリカにあこがれて、自分たちの持っているもの大切さを忘れている気がする。私たちには、伝統工芸やダンス、歌があり、それは世界中のどこを探してもここにしかない。それは誇るべき文化だし、守っていくべきだ。国の発展は、まず自分の国を好きになる事だと思う。それを子どもに学んでほしい。。。」


聞いた時、熱いものがこみ上げた。
そうだ。国の発展ってそういうことだと。
うれしかった。自分の国を好きだと胸を張って言う人をあまり見かけないのを残念に思っていたから。

まだまだ、始まったばっかり。これから、時間をかけて観察し、計画を立てていこうと思う。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://2010burkina.blog119.fc2.com/tb.php/34-8609d1c0

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。