スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人との付き合いの難しさ。。。。

フランス語で“久しぶり!”を Ça fait longtemps!“という。
英語でいう。“Long time no see you! ”だ。
でも、ここブルキナでは、Ça fait 2 jours!という。
そう。2日ぶり!という意味。
1日あけると。もう久しぶり。

それを言われるだけならまだしも。
なぜ、昨日挨拶に来なかった?っと言われてしまう。

え。通ったけど。お姉ちゃん昨日ここにおらんかったやん!そう言い返すと。
あ。そうなん?なら仕方ない。と納得してくれる。
でも。毎日。その場所を通るわけじゃない。
毎日。通っては、お茶をご馳走になり、話しをしていると。仕事に行けない。。。
仕事に遅れると。職場の人たちに、「何してたの?」といわれるし。。。

この街に。外国人は私だけ。
なので、皆私と話がしてみたいらしい。
というか。私に“日本に連れて行け”という人も多い。どこまで本気なのだろうか。。。
子ども達に至っては。私が通る度に。「ナッサーラ(白人)」の大合唱。

皆と話したいが、私の時間も限られてるし><


ある日失敗したことがある。
「今ちょっと用事があって、時間がないから、後でね!」と言って、その場を切り抜けたことがあった。
次の日。そこを通ると。
「昨日待ってたのに。なんでこなかったの?」とかなり本気で怒ってた。
私はなぜ、そんなに怒らせてしまったのかイマイチ理解できなかった。私だって忘れたわけじゃなく、職場の帰りが遅くなったので、寄れなかっただけなのに。。。って。

その後、知り合いから聞いた話。
キリスト教。イスラム教。全て神との契約が基になっている。
つまり、言葉でも。「~する」といったら、その時点で絶対的な約束をしたことになっているらしい。信仰が篤いこの国の人は、なおさらその意識が強いなのだろう。

なので、その日以来。
後で立ち寄るよ。と声をかけた場合、その場に行くようにしている。
もちろん、相手が来ていない時も多い。そんな時は、私が会いに来たことを他の誰かに伝えておいてもらう。

あ~どこの国でも、人との付き合いは難しいですな~。。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://2010burkina.blog119.fc2.com/tb.php/37-00be0a8d

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。