スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもキャンプ

私の任地(グルシ)から北にバスで30分程の(大=>グルシに比べて)都市ワイグヤに行ってきました。
現地の団体と先輩隊員が共同主催している「マラリア対策」「衛生教育」「環境教育」を目的としたキャンプの見学が目的。

子どもといっても、年齢層は、幅広く、日本でいう小学校1年生~高校生までの約40人が参加していました。基本、子ども達はこの3日間のキャンプ中、学校で食べ、学校で水浴びし、学校で寝るのです。

プログラムは盛りだくさん!

まずは、自己紹介ゲームで、アイスブレーキング
絵を見せて、“病気にかからないように、衛生に気をつける事”の話しをし、
CIMG5712_convert_20100912161722.jpg

“手洗いの歌”をみんなで大合唱、
CIMG5769_convert_20100912163014.jpg
CIMG5788_convert_20100912165940.jpg


植林、
目を閉じて、自然の音に耳を傾け、
マラリアについて勉強したことをグループ毎に分かれて纏め、発表、
CIMG5813_convert_20100912163921.jpg
CIMG5823_convert_20100912164711.jpg


ダンスを踊り、

フランス語版「となりのトトロ」を鑑賞(手押し式ポンプや蚊帳で寝るシーンがあるんですよね~)

皆で、教室に蚊帳設置。
CIMG5838_convert_20100912171604.jpg

色々やりました。

子ども達の音楽の能力にはびっくり。
聞いたことのない歌を一瞬でマスター。大合唱するまでに。
(アブラハムは7人の子、小さな世界もフランス語で大合唱!)

噂?によると、一方的な説明形態が授業の主流のこの国。
子ども達は、グループワークに慣れておらず、意見を出し合うことに最初戸惑いを見せつつも、最後の発表の際には堂々と発表。

普段は、男の子の後ろに隠れがちな女の子も。男の子より積極的に発表していたことにうれしくなりました。
夜までずっと一緒にいる事は出来なかったけど、一緒にご飯食べたりしてすっかり仲良しに。手で食べるって、いまだに難しい。
CIMG5799_convert_20100912170633.jpg

私の食べ方を見て、大爆笑。。。そんなに笑わなくたっても。。。。




このキャンプをきっかけに、家族や友達など、周りの人に、
「マラリアって予防できるんだよ!」とか、
「食べる前は、手を洗おう!」とか、
「ごみは、どこでも捨てちゃ駄目!」
「自然は、友達。大切にしないと!」
っていう事を伝えてくれたら、更に素敵だな。。。


継続的に、続けていけば、きっと嬉しい変化がこの国に訪れるはず!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://2010burkina.blog119.fc2.com/tb.php/39-208679c5

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。