スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先生の日

10月5日。何の日でしょう。
答えは、タイトルにもある様に、先生の日!

日本にはそんな日ないので、ちょっと面白い。
でも、この日に向けて、本当に貴重な体験をした。

私が所属している学生生活改善課は、衛生啓蒙活動だけじゃなく、
生徒や先生、時には住民を対象にした啓蒙イベントの企画・運営も行う。
環境系のイベントもあれば、伝統文化に関するイベント、スポーツ大会など盛りだくさん!
もちろんこの先生の日を盛り上げるのもこの課の仕事。
ということで、私も準備段階から参加させてもらった。

興味深かったのが、ブルキナべの打合せ。
せまい県局の中には会議室などはなく、外に椅子を出して木の下で打合せ
まず一日の中でどんなイベントをするか話合い、だれがどの時間の責任者になるか話合い、
当日必要な備品(ゲームの道具、飲み物類)の洗い出し、予算の確保方法、イベント通知方法などなど。盛りだくさんの決定事項を本当にスピーディーに決めて行く。

どうせ当日になれば、変更事項があるから。。。と大まかな事だけ、ポイントを押さえ決めて行く。アイデアも次から次へと出され。。。日本でありがちな沈黙などない。
1回あたりの打合せ時間は約1時間。
早く終わらせたいのか、本当に話合いは集中して行われる。

話合いの結果、当日はこんなことやりました。

 朝7:00~ マラソン
“先生最高!教育大切~!”みたいな歌って手をたたきリズムを取りながら、教育省県局、教育委員会、校長先生方などが警察と一緒に街を走る。私も参加。
  9:00~お昼 ゲーム大会
  同じく教育関係者が県局にあつまり、カードゲームやったり、チェスやったり、クロスワードやったり、、、イマイチルール判ってない中、採点係を担当

 午後 サッカー大会(先生V.S.警察)
盛り上がった~っていうか、警察の人の体の鍛え上げられ具合が凄い。先生方も大健闘したんだけど、やっぱり実力の差がちょっと大きかったかな・・・

夜8:00~
地元の伝統舞踊や伝統楽器のミュージシャン、流行りのダンスグループや歌手などを招待してのコンサート
椅子のセッティングなどを手伝ったけど、その後は観客として参加・・・のつもりが、司会のカウンターパートの無茶ぶりで私もバックダンサー?(笑)としてステージの上で、頑張りやした。ナッサーラ(白人)が踊ってる~って子ども達は大はしゃぎ!


おかげで、グルシ市の住民は私が県局で働いている人だとようやく認識した様子。

翌日から仕事どうだった?と声掛けられるように。今までただ遊びに来ている人だと思われていた部分もあるから、良かった~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://2010burkina.blog119.fc2.com/tb.php/42-015cd371

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。