スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村の学校

ポンプが井戸がない、村の学校に行ってきた。

PB230060_convert_20101129084627.jpg


クラスは4クラス。
1年生、3年生、5年生、6年生しかない。
生徒も1学級40~50人程度と、街の学校に比べたら教室にもゆとりがある。
お花が咲き乱れ。とってもきれいな学校。

でも。。。何かがおかしい。。。。。
“私の名前は・・・・”
自己紹介しても、反応なし。

街の子どもであれば、ナッサーラ―(白人)とか私の名前を呼んで騒ぎ立て、先生に怒られる・・・・ってのがいつものパターンなのに。

し~ん
現地語で挨拶しても

し~ん
どうやら。初めて外国人を見た為、どう接していいかわからず、固まってしまったらしい。

授業を見学し、
休憩時間に先生と談笑し、
お茶と給食をごちそうになった。

給食・・・
日本の様に、色々なおかずがあると思ったら大間違い。

WFPの援助や国から支給された米に村人が収穫した豆を混ぜ炊いた豆ご飯(フランス語:アリコ、現地語:ベンガ)
それを当番のお母さんが皆の分の豆ご飯を用意する。
子ども達にとって、学校に来る楽しみのひとつ。
みんな、家から鍋をもってきて、それによそってもらう。
私も食べさせてもらったが、街で食べる豆ご飯の数百倍おいしいいいいいい!

食べる前なんかする事ありますよね。。。。そう手洗い
この学校には井戸がない為、シャ―レットと呼ばれるドラム缶に荷車がついた入れ物に朝水を入れ、学校まで運んでくる。
その為、水にも限りがある。
また、この学校には石鹸を買うお金がない。なので、石鹸は設置されていない。
でも。先生は教育省から支給された石鹸で手を洗う。

先生の健康も大切だけど。子ども優先ではないんだ。。。と少し残念な気分。

はたして手洗い指導をしても、きれいな水で手を洗う事ができなければ、
あまり意味がない気がする。こういうことは習慣付けらるているかそうでないかだから。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://2010burkina.blog119.fc2.com/tb.php/53-22bdfd16

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。