スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ援助機関の衛生啓発イベント参加

GTZってドイツのJICA の様な組織がサッカーボールを使った手洗い啓発イベントを開催。
ボールを茶色にして、サッカーゴールに便器の絵を描いて穴だけあけて、
そこにボールをけって入れるというゲーム。トイレは穴の中にするものだよ!と教えるゲーム
PC090037[1]_convert_20101218190046
PC090066[1]_convert_20101218191150



青い絵の具でべとべとに塗ったボールをパスするチーム、綺麗なボールをパスするチームをつくり、途中で1人ずつだけ交代させる。
するときれいなボールをパスしていた生徒達も手が青く。。。
黴菌が移る事をボールを使ったゲームで教える。

凄く勉強になった。
そして、自分もゲームを使った啓蒙活動ができないか。。。と考えていたので、
非常に役に立つイベントだった。

やっぱりブルキナベはサッカーが大好き!ボールをみると異様な盛り上がり。



でもなかなか破けてないサッカーボールで遊んでる子は任地では見かけない。
日本の子どもは色々めぐまれているな~。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://2010burkina.blog119.fc2.com/tb.php/55-7dcaf7eb

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。