スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホテル暮らし最後の日

2010年7月27日

今日で語学訓練終了。
1か月、長いようで、短いようで、やっぱり長かったかな。
初めてのこともいっぱいだったし。

暑かったな~この部屋で寝るの・・・
CIMG4812_convert_20100709052423.jpg


ナイトクラブ的な建物?から毎晩聞こえてくる大音量でブルキナミュージックも。今日からはないんだ・・・
と思うと。少しさみしい。

ここには、フランス人のボランティアが、入れ替わりで宿泊していたので、
色々話しができ楽しかったし。
なんといっても、ホテルの従業員のみんなには、私のフランス語、そしてモレ語の練習に付き合ってくれて。。。
感謝、感謝。
日本の味。”柿の種”を贈呈しておきました。

あ~。シェフが作ってくれたリ・グラ アベック ポワソン(魚)食べた~い!!!



打ち上げパーティー

2010年7月末

フランス語の現地語学訓練が終了する前夜、先生の自宅でホームパーティーを行うことになった。
料理の準備から、参加させてもらえるとのことで、午後の授業を早めに切り上げ、ホテル近くの先生の自宅に向かった。

すでに、お手伝いさんや娘さんたちが料理の支度にかかっているところに、交る。
トーと2種類のソース(オクラ・ピーナツ)
野菜と肉がたっぷり入ったリ・グラ
鶏肉のから揚げ
・・・様々な料理を手分けして作っていく。
CIMG5296_convert_20100802010815.jpg
CIMG5307_convert_20100802013534.jpg
CIMG5329_convert_20100802015239.jpg

一番興味深かったのは、トー作り。
これが、できないと、お嫁にいけないくらい。定番のメニュー!
なのに、手間暇がものすごくかかる。
トウモロコシの粉を、お湯の中に入れて、火にくべながら
混ぜて、混ぜて、混ぜて、、
お湯を足して、
また、混ぜて、、、、
という作業を繰り返す。


さあ。出来上がり!
ビールやジュース片手に、
「ボン・サンテ~!」


日本の歌を披露する人。
少林寺拳法の型を披露する人。
そんな中、私はある先生の物まねを披露。。。苦笑
誰を真似したか気が付いてくれたかな?


そのうち、ダンスが始り。
さっきまで、懸命に料理を作り、おとなしく、つつましいイメージだったお手伝いさんや娘さんたちが踊る。踊る。私も踊る。。。。すごい熱気。CIMG5376_convert_20100802020455.jpg



でも、宴が終了すると、さっきまで踊っていた女性陣はさっさと片付けに取り掛かる。
いつも、働いている分だけ、楽しむ時は集中して楽しむのだな。。。と思った。
そして、いつも通り、男性陣は、ただ座って料理が出来上がるまで待ち、食べて飲んでるだけだった。
いつも通り、「伝統だから」と言いながら。

この1カ月、色々な先生にお世話になり(授業が交代制であったため)、
ブルキナでしか通じない?フランス語、ブルキナの文化、価値観、
色々なことを教えていただいた気がする。

黒板の字を以上に気にして、何度も書き直すマダム。
La vie ets bell!N'est pas!?(人生は美しい!だろ?)を連呼するムッシュ。
日本人並みに空気を読むムッシュ。


(下痢で大変だったことを除けば。。)今では、すべてが、貴重な時間。

語学研修終了しました。

2010/08/01

約1週間くらい前に、語学訓練を終了し、
ボランティア達が利用できる、ドミトリー(寮)に戻ってきました。

また、集団生活の始まりです。


集団生活といえば、トイレやシャワーの順番待ちが大変だったりするけど。。。
先輩隊員をはじめ、色々な人と話ができるので、楽しんでいます!


今は、昼間は赴任後の生活を始めるにあたっての色々なオリエンテーションを受けたり、
関係省庁に挨拶にいったりしています。
先日、外務省表敬やってきました。(その様子も、できれば、お伝えしたいです!)


寮に戻ってきてからは自炊なのですが、
今後任地に行ってからは、絶対口にできない、韓国料理、インドカレー、ハンバーガー

ダウンジャケット

2010年7月22日

今日、日本は30度越えて、暑いらしいですが。
ぶるきなは、なんと。。。

23度

雨も降って、すごく涼しい!!!

でも、ブルキナべにとっては寒いらしく。ダウンジャケットを着ているマダム発見!
なにも、そこまで着こまなくても。。。。




そだそだ、
こないだの任地訪問で、年を聞かれ、独身か既婚か聞かれ。。。。

サバアレ~って言われた。
直訳すれば、「大丈夫!なんとかなるよ!」って。おい!
励まされてるやん!!!

「なんで?まだ結婚してないの?」って聞いてくれたほうが、なんとなくマシかも。


そんな中、友達から結婚式のご招待が、インド系の彼女は、今年冬インドで式を挙げるらしく。。。
すごい、行きたかった~。
インドが任国外旅行先にはいっていたら、絶対、絶対、行ってた~><

みんなに、幸あれ!

任地訪問(感じたこと)

ブルキナファソの田舎に行けば、行くほど。
挨拶を大切にする習慣を感じる。

マルシェに、野菜を買いに行くだけでも。
普通に歩いて帰ってくれば、20分もかからない距離なのに、
道ですれ違う人のほとんどの人に
「お元気ですか?」
握手。
「奥さんは?」
「お仕事は?」
しばらくおしゃべり。
「では、また」
握手。


この儀式(?)を10分くらいかける。

なので、なにか買い物しに行くだけで。1時間くらいは要する。

ときには、
「挨拶をしに行こう!」と言って、知り合いのうちにわざわざ遠回りをして、
 お邪魔する。
 夕食の準備中であろうが、食事中であろうが、こころよく迎えてくれ、
 挨拶に来てくれたことを感謝してくれる。
 

同世代の人事の彼は、色々な人のところに、挨拶をしに、連れて行ってくれる。
けど、ポロっと。挨拶は長すぎるのは、時間の無駄だよ。。。こぼした。
きっと彼は、忙しく働くより、挨拶や人とのコミュニケーションを大事にするブルキナファソの昔からの文化と
効率的に働くべきだという知識との狭間に立っているのかな。

「でも、そういうブルキナファソの文化、私は好きだけどな」と外国人の私が言うと。
嬉しそうだった。

私自信、企業で働いていた経験から、やはり経済や産業も、人と人とのかかわりの中で産まれてものだし。
コミュニケーションってすごく重要なスキルだと思う。
その能力を持っている人たちがこの国には、いっぱいいるのに。。。うまく活かせないかな。。。

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。