スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイレが無い学校

少し町から離れたところでも、トイレ・井戸が無い学校がある。
ポンプがあっても、故障して、使えず何百メートルも離れた村の井戸から水を汲んでこないといけない学校もある。

この前、学校建設プロジェクト事後評価できていた民間のコンサルタント会社の人は、学校から500m圏内に井戸があれば、その学校に井戸があると考えるという、援助業界の指標を教えてもらった。
でも500mも重い水を入れて運ぶのは、本当に重労働。私の家の中の外の蛇口からバケツに水を入れ、家の中の貯水バケツまで運ぶこの10m弱の距離でさえも。往復もすると疲れてしまうのに。。。

そういう学校は水をつかった清掃(トイレ掃除)の回数がどうしても限定されてきてしまう。だけど。校庭に植えた木にも水がやれなくなってしまう。
トイレが無い学校では、トイレは外でしたい放題。そんな子達に、トイレの使い方を指導したところで。。。「ふ~ん」で終わってしまう。手洗い指導もきっとそう。

授業中。小さな黒板を使って、書き取りの練習。
先生が「消して!」というと。都市部の子は、シフォンと呼ばれる黒板消し用のスポンジを持参しており、ハンドクリームの空き容器に水をため、その水を使い、自分達の黒板を消す。
でも、井戸が近くにない学校の子どもたちは・・・・自分のつばで、黒板を消す。きっとのどもからからで、水分もないだろうに。必死につばをだして、黒板を消す。

その光景にショックだった。
手洗い方法を教える前に。水カメを買って教室内に設置してもらって、その水を活用してもらった方が、よっぽど役に立つのではないかと思った。

でも、そういう村落部の学校は援助が入ってない事で、自分達でなんとかしなければいけない!という意識が非常に強い。都市部の学校は、「で、何をプレゼントしてくれるの?学校の塀?バケツ類?なんでもいいから。」
「・・・・。」
そういう学校に限って、前任者の人が活動支援経費で購入したバケツや清掃道具を校長室に、保管したままで、生徒達が使ってない。
援助でもらったもの=あくまでも貰ったもの=自分で買ったものだから大事にしない。。。

ってなるのかな~?

ものをねだるくせに、貰ったものは大事にしない。
そんな部分を見ていると。“援助”ってなんなんだろ。。。って考える。
でも、自分も何か貰えるんだったら、とりあえず使わなくても嬉しいし。使わずに保管してた頂きものもあったかも。。。と思う。

そんなこんなを考えてると、物は自分でお金をためて買う!”という気力をそぎ取っているだけになっているのでは。。。と思う。
まだ援助が入っていない小学校とかを見ていると。ものは全然ないし、厳しい環境だけど“精一杯できること”で学校内をきれいにしようと頑張っている。私が関わる事で、そういう“自分達でできること”と考える意識が薄れて行くのでは。。。と思う。

いろいろな小学校


「小学校巡回したい!」一緒に活動してくれる識字・教育省県局(配属先)の下部組織の生徒生活改善課の人に頼んでみた。
「う~ん。。。
(バイクでの巡回で必要な)ガソリン代が市役所から出るまで待とう!」

配属直後のこの会話。
配属から早半年たつが状況は変わらず。。。市役所から経費が支払われる様子もなく。。。

ず~っと待ちの状態。

それでも、なんとか徒歩圏内、自転車圏内の学校で、授業見学や出前“手洗い授業”をしに活動しておりましたが・・・。
やっぱり違う学校も行ってみたい。
とういか。
「なんで自分の学校には来てくれないの?」と校長先生方にも言われ。。。
見に行きたい><



で。
一緒に活動してくれる人には申し訳ないとは思ったんだけど。
彼が首都で研修の為出張中に。
行ってしまいました。最初は1校だけ・・・・と思ってたんだけど.
その次。その次。
楽しくて・・・ついついそのほかの学校も。そのほかの学校も。。。(ごめんよ。カウンター―パートよ。居ない間に学校回って。。。)

学校によって。先生の感じ。生徒の様子。学校の空気。
本当に違う。
CIMG7007_convert_20110215072454.jpg

以前、カウンターパートと一緒に作った質問用紙を基に(って堅苦しい感じになるのが嫌なので、紙は見ないで質問してるんだけど。)衛生教育についてや、学校の清掃について、
保護者会や母親会について、学校が抱える問題について、様々なことをお喋り。
フランス語も拙いよそ者が、色々聞いても、殆どの学校の先生は嫌な顔一つ見せず、話してくれる。
校長先生は日本と同様。色々忙しいんです。朝は先生が前日に準備してきた授業計画ノートに目を通し、アドバイスをしたり、保護者の対応に追われたり(「うちの子どもが教科書なくしたんだけど。。。。どうしたらいいですか?など」)、日本でいうPTA役員との会議の取りまとめをやったり、教育省関係に出す書類を作成したり。。。ほんと机の上は、書類だらけ。

そんな中。アポも取らずに飛び込んでお邪魔している私の相手を何時間もしてくれる。


ブルキナファソの学校の給食はいつも=>豆ごはん。こっちでは、“ベンガ”と呼んでる。先生用には油がかけられる。(赴任当初は“油抜きで!”とオーダーしてたけど。今では油はかけてもらう事が当たり前に。。。本当に危険なお腹周り。)

その豆ご飯は、母親会で決めた給食当番のお母さんが2~3名で、生徒700人分くらいを作る。殆どの学校は、土で固めた簡単な小屋の中、お母さん達が準備する。
小屋の中は熱い。かといって外での作業も砂埃で、辛い。なので、熱い中小屋の中で作る。

校長先生からの聞き取りがひと段落したころ、どの学校にいっても。「うちの“ベンガ”を食べていって!“と鍋いっぱいに入れて持ってきてくれる。
それを休憩中、先生方と一緒に同じ鍋から、手で食べる。もちろん食べる前は石鹸で手洗いをして。
そう。先生用には、石鹸が常備されている。でも生徒用には、やっぱり石鹸はない学校が殆ど。

その後、授業を見学したり。学校回りの清掃状況を観察したり、生徒達に清掃活動状況を聞いたり。

CIMG7039_convert_20110215074943.jpg


ブルキナファソ人のいいところでもあり、わるいところ。
“ちょっといい格好しい”やってなくてもやってるといってしまったり。するところが多々ある。
なので、校長先生の言う事を“鵜呑み”にしてはいけない。
他の先生の話や、生徒の話。自分の目で確認して初めて、大体の現状が判ってくる。
聞き取りも。日常会話や文化的な事、色々な事を話して、リラックスしたところで、ポロっと問題を口にしてくれる。
この作業。ここに来る前に会社でやっていた仕事とかなり共通している。

私の仕事は、最適な条件・価格で物を購入し、取引先(購入元)と一緒になってその最適な条件・価格で物を購入する為に、改善方法を模索していく仕事だった。

日々、購入元の営業さんと会話し、価格に競争力がある会社からは、そのキーとなる部分は何かを探る為、色々な情報を取得し、価格に競争力が無い会社には、どこに改善の余地があるのか。。。。など。全てはそういう会話の中にヒントが隠されていた。

だって、人間だれだって。ちょっと現状よりよく見せようとして、いい事を言ってみたりするし。それが、取引関係の中であると、下手な事は言えない。でもそういう事は大体外向け用の情報であり、うわべだけの内容になりやすい。
何回も顔をあわし、会話をしていく中で、そういう外向け用の情報は、一つの線に繋がってこないことに、気が付いてくる。逆にポロっと漏れてくる情報をつなぎ合わせて行くと、一本の線になってくる。あ~あの問題。こういう背景があるから、こうなるのか・・・だったら、この方法では解決できないな~。じゃ~こっちで考えてみる方がよさそうだな・・・・てな感じで。

こういう作業。本当に地道で時間がかかる。かといって。仕事の世界は常に効率性を求められる。だから。この“ポロ”っとでてくる情報をいかに上手く引き出す事が重要になってくる。でもそれが本当に難しい><
購買の仕事をやっていたお陰で。“難しい”という事を知っていただけで。大きなアドバンテージだったな~。と最近実感する。

機械的に質問を投げつけたところで、優等生な回答しか返ってこない。
その情報を基に、対策を考えても。結局現実に即していないので、「あ~それくらいしってるよ。でも現実そんな簡単に実行できないよね・・・」という様な、計画が出来上がってしまう。なんて考えている今日この頃。

カウンターパートには申し訳なかったけど。彼の出張中にやった村落部の小学校訪問。校長先生や先生方とのお喋り。お母さん方とのふれあい(現地語なんで、挨拶やちょっとした会話しかできなかったけど)楽しかった1週間だったな・・・・。

ドイツ援助機関の衛生啓発イベント参加

GTZってドイツのJICA の様な組織がサッカーボールを使った手洗い啓発イベントを開催。
ボールを茶色にして、サッカーゴールに便器の絵を描いて穴だけあけて、
そこにボールをけって入れるというゲーム。トイレは穴の中にするものだよ!と教えるゲーム
PC090037[1]_convert_20101218190046
PC090066[1]_convert_20101218191150



青い絵の具でべとべとに塗ったボールをパスするチーム、綺麗なボールをパスするチームをつくり、途中で1人ずつだけ交代させる。
するときれいなボールをパスしていた生徒達も手が青く。。。
黴菌が移る事をボールを使ったゲームで教える。

凄く勉強になった。
そして、自分もゲームを使った啓蒙活動ができないか。。。と考えていたので、
非常に役に立つイベントだった。

やっぱりブルキナベはサッカーが大好き!ボールをみると異様な盛り上がり。



でもなかなか破けてないサッカーボールで遊んでる子は任地では見かけない。
日本の子どもは色々めぐまれているな~。

食べる前にすることは?

今月から、小学校で“手洗いの授業”を始めました!
各ラス15分ずつ、1年生~6年生まで、授業を若干中断してもらって。

最初に行った学校は。
ちょっと街から外れたのどかなところにある学校。
お花で校舎の壁が埋め尽くされて。とてもかわいい学校。
でも。井戸が無い。

なので。生徒の親が朝少し離れたところの井戸から水をドラム缶に入れてはこんでくる。

もちろん初めて外国人を見る生徒も多く・・・
「ボンジュール トッルモ~ンド」と投げかけても。し~ん。
なにも反応なく。フリーズしてしまってた。

授業のレジュメは、私のカウンターパートの生活改良課の人が作り、
私が絵を描いて、説明する。
まず、汚い手の子どもの絵を見せ。
「何が見えますか?」
律儀に。「子どもが見えます。」とか「子どもが汚い手で何か食べてます」と言ってくれたり。
かわいい~。

何をしなければいけないか?とか何故手洗いが必要?

とか。こちらから質問をなげかける。一方的な授業にならないように。

その後、実際に正しい洗い方を教えて、何人かの生徒を呼んで。「今ならった事をやって見せて!」という。
上手くできた子には皆で拍手~

皆よくしっている。

お昼休み。母親達が外国の援助で送られた米と自分達のはたけでとれた豆(小豆みたいな豆)で豆ご飯をつくってまっている。
それが毎日の昼ごはん。毎日このメニュー。
授業の終わりを知らせる合図(タイヤのホイル部分を木にぶらさげ、棒でたたく)が聞こえると、生徒は一斉に飛び出して、豆ご飯を貰う為、列に並ぶ。

あ。。。みんな手洗い忘れてる・・・・


授業では、上手く出来てても実際に行動をかえるのは1日じゃ駄目か・・・・
と、あきらめた習慣。

いた~。数人の子たちが水だけで手洗いをしていた。
PC030013[1]_convert_20101218185207

偉いね~
とほめると。
ぼくも、私もと、何人かの生徒達も続いて手洗い。
全員じゃないけど。
やってよかったと思えた瞬間。

でも。良く見ると。。。。
石鹸で洗っていない。。。というか石鹸が置かれていない。
少し大きい文字先生が手洗いする用には、あったのに、なぜ?
校長に聞いてみると。
がたべるから。外に石鹸はだしてない!」といわれた。
それじゃ意味ないじゃん!!!でも。ちょっとプライドが高い先生方にそれは直接言えない。

考えてみれば、日本だって面倒くさければ石鹸で手を洗わない子もいる。
なにがあれば、どういうモチベーションがあれば、みんな手洗いするんだろう。。。。

村の学校

ポンプが井戸がない、村の学校に行ってきた。

PB230060_convert_20101129084627.jpg


クラスは4クラス。
1年生、3年生、5年生、6年生しかない。
生徒も1学級40~50人程度と、街の学校に比べたら教室にもゆとりがある。
お花が咲き乱れ。とってもきれいな学校。

でも。。。何かがおかしい。。。。。
“私の名前は・・・・”
自己紹介しても、反応なし。

街の子どもであれば、ナッサーラ―(白人)とか私の名前を呼んで騒ぎ立て、先生に怒られる・・・・ってのがいつものパターンなのに。

し~ん
現地語で挨拶しても

し~ん
どうやら。初めて外国人を見た為、どう接していいかわからず、固まってしまったらしい。

授業を見学し、
休憩時間に先生と談笑し、
お茶と給食をごちそうになった。

給食・・・
日本の様に、色々なおかずがあると思ったら大間違い。

WFPの援助や国から支給された米に村人が収穫した豆を混ぜ炊いた豆ご飯(フランス語:アリコ、現地語:ベンガ)
それを当番のお母さんが皆の分の豆ご飯を用意する。
子ども達にとって、学校に来る楽しみのひとつ。
みんな、家から鍋をもってきて、それによそってもらう。
私も食べさせてもらったが、街で食べる豆ご飯の数百倍おいしいいいいいい!

食べる前なんかする事ありますよね。。。。そう手洗い
この学校には井戸がない為、シャ―レットと呼ばれるドラム缶に荷車がついた入れ物に朝水を入れ、学校まで運んでくる。
その為、水にも限りがある。
また、この学校には石鹸を買うお金がない。なので、石鹸は設置されていない。
でも。先生は教育省から支給された石鹸で手を洗う。

先生の健康も大切だけど。子ども優先ではないんだ。。。と少し残念な気分。

はたして手洗い指導をしても、きれいな水で手を洗う事ができなければ、
あまり意味がない気がする。こういうことは習慣付けらるているかそうでないかだから。


««前のページ  | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。